MENU
main-info

医院概要

ドクター紹介

院長 今村雅郎

1981年東京歯科大学卒業
同大学院入学(矯正歯科専攻)
研修医時代に自分自身が矯正治療を受けました
1986年大学院修了 歯学博士学位取得
母校矯正歯科に教育職として勤務
1990年日本矯正歯科学会認定医資格取得
1993年東京歯科大学退職
今村矯正歯科開設
日本矯正歯科学会指導医資格取得

2005年〜
2015年

神奈川県歯科医師会地域保健委員会にて地域保健活動に従事
2016年永年にわたる地域歯科保健活動の功績により神奈川県歯科医師会功労賞を受賞
現在

東京歯科大学歯科矯正学講座講師(非常勤)
日本矯正歯科学会会員
東京矯正歯科学会会
横浜市中区歯科医師会理事 地域医療・地域保健担当

副院長 今村公実

1986年東北歯科大学卒業、歯科医師免許取得
1987年東京歯科大学歯科矯正学講座にて研修
1999年口腔筋機能療法講習会受講、修了


主に予防歯科、ホワイトニング、クリーニング、口腔筋機能療法を担当しています。

設備紹介

オートクレープ(高圧蒸気滅菌器)
コンセプトのページでご紹介したように当院では特に衛生面に気を配っています。
一度患者さんに使用した器具は最新式のオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)を用いて滅菌し、次の患者さんに使うための準備をします。
オートクレーブを使用することにより病原性微生物はもちろんのこと、すべての微生物を死滅させることができます。
一般的に消毒とは病原性微生物の活動を抑えることを指しますが、滅菌ではさらにその上のレベルの安全性を得られることになります。

デジタルレントゲン撮影(頭部X線撮影は診断上、特に重要です)
矯正歯科においては頭部X線規格写真という頭蓋骨全体のレントゲンを撮影し、骨格と噛み合せおよび歯並びの分析診断を行います。
この撮影装置には性能により各種のものがありますが、当院では解像度の高い装置を用いたデジタルレントゲン撮影を導入しております。
このことにより、より精度の高いレントゲン画像の読影が可能となり精密度の高い診断が可能です。
頭部X線撮影をしないと矯正歯科的診断はできません。
診断ができないということは治療そのものが「いいかげん」になってしまうことを意味します。

コンピューター診断
従来、撮影した写真やレントゲン、その他の分析診断は手作業で行われていましたが、現在ではコンピューターによる分析が主流となっています。
当院では厚労省から特定保守管理医療機器の認可を受けた画像診断システムを導入する事により、より速く適確な診断が可能となりました。
患者さんと一緒にパソコンのビジュアル画面を見ながら診断のお話ができるため、内容がわかりやすいとのご好評をいただいております。

マイオモニター
マイオモニターとは歯科用医療機器の一つで顎関節症の咀嚼筋の疲れや痛みをとる低周波治療器のことです。
マイオモニターを使用することにより咀嚼筋の血行を改善し疲れをとります。なお、顔の筋肉が引き締まるので副次的メリットとしてフェイスラインが変わる効果があることが知られています。
顎関節症の方あるいはフェイスラインが気になる方はご相談下さい。
顎関節の状態によっては使用できない場合もありますので、初診時には顎の状況をお調べしてからの施術となります。
初診料  3,000円(税別)
マイオモニター 1回 3,000円(税別)となります。
ただし、効果には個人差があります。

エアフロー

炭酸水素ナトリウム(重曹)と食塩などの粒子を水と圧搾空気で吹きつけ、歯の表面に付着した歯垢や着色を吹き飛ばし綺麗にするクリーニングの装置です。

当院のエアフローには超音波で歯石を除去するスケーラーも付いておりますので同時に歯石を落すことも可能です。

以上、ほんの一部ではありますが当院の設備や機器等についてご紹介いたしました。

診療時間
10:00 – 13:00月1~2回
15:00 – 19:00
~18:00

※日曜診療は上記新着情報でご確認いただくか平日にお問い合わせ下さい。
※木曜、祝日は休診となります。