MENU
main-treatment

装置について

装置の一例のご紹介

当院では小児から成人の方まで、取外しのできる可撤式装置からマウスピース矯正、その他オーソドックスな方法までさまざまな治療に対応しています。 以下に当院における装置の一例をご紹介します。

小児期に用いる可撤式歯列拡大装置です。就寝時の使用がメインです。

その他、上顎や下顎の成長を促進したり抑制したりする装置もあります。
小児期から治療を始める利点は成長発育を充分に利用できること、永久歯列の全体矯正の時に健康な歯を抜かずに済む可能性が高くなることなどが挙げられます。

クリアアライナーと呼ばれるマウスピース 型カスタムメイド矯正装置です。
装着していてもほとんど見えませんので終日の使用が可能です。

一般的なメタルブラケットによる治療法です。
当院では一つ一つの装置にそれぞれの歯の位置の3次元的な情報が組み込まれた、いわゆるフルプログラムドアプライアンスを使用しています。
これによりスムースな歯の移動が可能となり、治療期間の短縮、痛みの低減が可能です。

透明ブラケットとエステティックワイヤー(目立たないワイヤー)による方法です。

基本的には金属の装置と同じフルプログラムドアプライアンスですが、透明ブラケットとエステティックワイヤーによる方法です。
ほとんど目立ちません。

裏側矯正の一例です。
表側からは見えませんがデメリットもあります。
当院では症例を選んで使用しております。

診療時間
10:00 – 13:00月1~2回
15:00 – 19:00
~18:00

※日曜診療は上記新着情報でご確認いただくか平日にお問い合わせ下さい。
※木曜、祝日は休診となります。